女性の薄毛を予防するトリートメントの正しいつけ方4つ!

髪をなびかせるブロンドの女性

トリートメントって髪の毛の長い人には必須にのアイテムです

まず役割として基本的にはシャンプーの目的は頭皮と髪を洗うもの。

トリートメントは傷んだ髪の毛を修復するために髪の毛の内部から栄養を与え髪の毛を元気にしていき、ササラにしたりつやが出るようなきれいな髪にしていくようなイメージでいいと思います。

そしてシャンプーにシリコンは必要ないけど、安価な界面活性剤による髪や頭皮への負担を減らすために入れられている商品が多い。

シリコン自体の働きは髪をコーティングするものなんですね。

ではトリートメントに関してはどうなんでしょうか?シリコンは必要?

髪の毛をサラサラにするのにシリコンは必要なの?

どんなトリートメントがいいの?

きょうはそんなトリートメントについて書いていきたいと思います

スポンサーリンク

シリコン入りのトリートメントが薄毛につながる?

シリコン入りのトリートメントの画像

シリコン入りのトリートメントを使うと髪に皮膜を作ります。皮膜を作るとツヤが出てサラサラとした指通りになります。

そして髪の毛が皮膜で少し重くなる分落ち着くという効果があります。

あとは皮膜によってパーマ液やカラー剤が 少しだけ浸透しにくくなります。

そしてシリコンは髪のキューティクルを保護する効果が期待できます。

しかもシリコンは熱に強いのでドライヤーの熱から髪を守ってくれる効果もあるんですね。

つまり、たとえカラー剤やパーマ液が浸透しにくくても、髪の落ち着きやツヤ感、サラサラした指通りにしたいという人はシリコン入りのトリートメントがいいと思います。

逆に髪の毛が細くてボリュームを出したい人は、シリコンが入っていないトリートメントの方がおススメです。

シリコンの皮膜がなくなるので髪が軽くなり、根元からフワッと立ち上がりやすくなるのでボリュームも出やすくなります。

というような理由でそれぞれの毛質にあったトリートメントを選ばれるのがいいと思います

スポンサーリンク

トリートメントを買う時に気をつけなければいけない事

泡の画像

だいたいシャンプーとトリートメントは同じシリーズがセットで作られてますね。

そこにシャンプーは「ノンシリコン」として売っているのですが、シャンプーは「ノンシリコン」だけどトリートメントにはたっぷり「シリコン」が入っているというものがかなりたくさんあるんです。

だから髪の毛にボリュームが欲しくてノンシリコンのシャンプーとトリートメントが欲しいなら成分を調べて買うことをおススメします。

昨日も書きましたがもう1度シリコンの成分を書いときますね

シャンプーやトリートメントには必ず入っている成分を全て書くというルールがあります

・ジメチコン
・シクロメチコン
・シロキ
・シリカ
・メチコン

という言葉がつく成分が含まれないものはノンシリコンです

あと注意することは基本的な事ですがシャンプーとトリートメントの役割の違いです

シャンプーというのは頭皮と髪を洗うものです

だからまずてのひらでしっかり泡立ててから頭皮をマッサージするように洗う。そして髪の毛も洗う。

トリートメントの1番の目的は「髪の毛に水分と油分を補って髪を内部から補修すること」です。

毛髪の水分量の理想は12~13%トリートメントの油分でコーティングして、ドライヤーの熱などからの乾燥を防ぎ同時に枝毛・切れ毛も防ぎます。

トリートメントは正しい使い方をして初めて効果を得られます

トリートメントの正しい使い方を紹介しますね

薄毛を予防するトリートメントの正しいつけ方

正しいシャンプーの仕方

まずはシャンプーをしっかり洗い流します

シャンプーが残っていると頭皮トラブルの元になります。頭皮のためにしっかりすすいで流しましょう。

シャンプーを洗い流したらトリートメントをしっかり浸透させるために水気をよく切りましょう。水気が多すぎるとトリートメントが浸透しにくくなります。

しっかりと水気を切ったら頭皮につかないように、髪の中間から毛先に向かってトリートメントをつけていきましょう。

トリートメントを浸透させるために3~5分ほど置きます。

すぐに流さずに時間を置くことでトリートメントの効果を高めます。

髪の毛が傷んだり乾燥してパサパサしている時など、トリートメントをさらに浸透させたい場合はトリートメントを塗った後、キャップやタオルなどをかぶると保湿効果が高まり、より浸透しやすくなります。

薄毛を促進するトリートメントの間違ったつけ方

シャンプーボトルの画像

トリートメントは頭皮につけるものではありません。

トリートメントの目的は髪の毛に水分と油分を補って、髪を内部から補修することです。

そのため髪の毛につけて効果を得ることができるように油分が多く含まれています。

頭皮につけると毛穴の詰まりなどのトラブルの原因にもなります。

トリートメントを必要以上に多くつけても効果は高まりません。浸透する量は同じです。

つけすぎると頭皮についてしまう可能性も多くなるので適量にしましょう。

基本的に男性の短髪の方はトリートメントは必要ない場合が多いです。

ブリーチなどでよほど傷んでる場合や乾燥が気になる場合は表面だけにつけて特に傷んでるところは毛先を揉みこむようにつけましょう。

洗い流さないトリートメント

右が洗い流さないトリートメント

洗い流さないトリートメント

右はおススメ洗い流さないトリートメント

シャンプー後にトリートメントをしても髪が思うようにまとまらなかったりトリートメントの効果を感じられないあなたには洗い流さないトリートメントをおススメします。

洗い流さないトリートメントはタオルドライをした後、ドライヤーで乾かす前につけます。

そうすると髪がしっとりして落ち着くようになります。

つけ方は中間から毛先にサッとなじませるだけでOKです。

洗い流さないトリートメントはクリーム、オイル、液体など様々なものがあります。

商品により多少使い方が違う事もあるので自分に合うものをいろいろ試してみてもいいでしょうね。

今日の話のまとめ

・ノンシリコンシャンプーをうたっているがトリートメントにはシリコンがたっぷり入っている商品もたくさんある。

・シリコンが入っているシャンプー、トリートメントは容器の裏の成分一覧にジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンという言葉がつく成分を使っている

・シリコンの特性で髪にツヤを出しサラサラとした指通りを求めたり髪を落ち着かせたい人はシリコン入りのトリートメント、髪の毛が細い、柔らかい人で根元からボリュームを出したい人はノンシリコンのトリートメントと使い分けると良い

・トリートメントをしていても痛みが気になる場合は洗い流さないトリートメントも付けてみる

いかがだったでしょうか。

長期的にシャンプーもトリートメントも自分の毛質にあったものを使用することが、健康な髪の毛や頭皮を維持することに繋がります。

 

今日紹介したのはお家でのケアのしかたですがあくまで家庭でできる範囲ということです。

本当に傷みやパサつきが気になる方は、美容室、理容室でする集中トリートメントが1番効果があります。

お店でするケア+お家でのケアでいつまでもキレイな髪を守りましょう

スポンサーリンク




きしろ
あなたが使っているシャンプー&コンディショナーがベストか一緒に考えませんか?

京都のファミリーサロンセブンオーナー理容師として24年間お客様の髪に関わってきました。

特に30代後半~40代前半の女性は、産後の方含め特に髪をいたわる必要がありますが、意識してされていますか?

使っているシャンプーやコンディショナーが髪質にあっていないと「抜け毛・ボリュームダウン・ツヤ落ち」を起こしやすいですよ。
髪型やヘアケアには人一倍取り組んできたつもりです。

きっとあなたの髪質改善のサポートができると思いますので、LINE@でお友達になりませんか?

LINE@でお友達申請いただけた方は、髪質・肌質も考えながら「あなたが使うべき適切なシャンプー」をマンツーマンでお答えします。

髪を大事にしたい方限定


LINE@で直接僕に質問してみる

今すぐ友だちになる

※ 今使ってるシャンプーも診断中!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
きしろこうぞう

きしろこうぞう

京都の伏見区でファミリーサロンセブンを営んでいるきしろです。自身も悩むAGAをお医者さんに取材しつつ、育毛シャンプー・育毛剤について調べてブログにしています。

-薄毛予防・ケア

Copyright© ヘアマニア , 2019 All Rights Reserved.