くせ毛のうねりを抑える方法を理容師が解説!原因や対処法まとめ!

天然パーマのうねりを抑える方法ってないの?原因や対処法まとめ

「天然パーマのうねりって、どうやったら抑えることができるの?」
「天然パーマのうねりを抑えて毎日のスタイリングを楽にしたい!オシャレな髪型になりたい!」

天然パーマのクセやうねりは、毎日のスタイリングの天敵ですよね。
特に雨の日などは髪の毛も膨らみ、朝からうんざりする気持ちにあることも少なくないでしょう。
このような天然パーマのクセとうねりは抑えることができるのでしょうか?

ご安心ください!クセとうねりは簡単な方法で抑えることができるのです。
そしてクセとうねりを抑えることで、毎日のスタイリングが楽になり、またクセとうねりに邪魔されずにオシャレな髪型を楽しむことができます。

天然パーマのクセとうねりをコントロールすることができれば、ストレートヘアよりもスタイリングが自然に決まります。
あなたもこの記事を読んで、髪形を自在にコントロールできるようになりましょう!

スポンサーリンク

うねりの原因

はじめに、クセとうねりが生まれる原因について確認していきましょう。
そもそもの原因を知ることで、それをおさえる方法も理解できるわけですね。
一般的に天然パーマのクセとうねりは以下の5つにより生まれます。

・遺伝
・毛根の形の違い
・頭皮の汚れ・毛穴の詰まり
・血行不足
・成長による変化

中には遺伝など後天的にはどうすることのできないものもありますが、血行不足のように毎日の生活を整えることで改善できるものもあります。
そのためクセとうねりをある程度コントロールすることは不可能ではないのです。

以下ではそれぞれの原因について詳しくみていきましょう。

遺伝

天然パーマの最大の原因はずばり遺伝です。
先天的なものなので、後天的にどうすることもできません。
そして天然パーマは優性遺伝です。
つまり直毛の遺伝子と天然パーマの遺伝子の両親から生まれた子供は天然パーマになる確率が高いのです。

両親に天然パーマの遺伝子がある場合、以下の確率で子供が天然パーマになるとされています。

・両親の双方が天然パーマの場合:約90%の確率で子どもも天然パーマになる
・両親の一方が天然パーマの場合:約70%の確率で子どもも天然パーマになる

このように両親の一方が天然パーマというだけで、子供は70%の確率で天然パーマになるんですね。
こうした遺伝的な原因はどうすることもできません。
そのため、あなたが天然パーマに悩んでいるとしても先天的なものについて過度に悩むのは無駄です!はっきりと言い切るのは気が引けますが、無駄なものは無駄なのです。

そのため天然パーマであること自体に悩むことはやめて、クセとうねりをコントロールする方法を身につけましょう。
冒頭でも述べたとおり、ある程度コントロールできれば天然パーマは直毛よりもスタイリングしやすいので、コンプレックスも解消されていくはずです。

毛根の形の違い

こちらも最終的には遺伝と関係するのですが、天然パーマの人の毛根は形が歪んでいるのです。
そのため、そこから生える髪の毛にクセやうねりが加わります。
いわば構造的にクセとうねりが生まれる形になっているのですね。

これに対して長毛の人の毛根は歪みがありません。
そのためクセやうねりのない髪の毛が生えてきます。
こうした毛根の形の違いも遺伝によってもたらされています。

頭皮の汚れ・毛穴の詰まり

ここまでクセとうねりの先天的な原因についてみてきましたが、ここからは後天的な原因について解説していきます。
後天的な原因から本来のクセとうねりが強まることがあるので、その原因を取り除くことができればクセとうねりは弱くなるのです。

後天的な原因の1つ目は、頭皮の汚れ・毛穴の詰まりです。
先ほど毛根の形の歪みについて書きましたが、頭皮の汚れや毛穴の詰まりで毛穴の形が変わっていると、そこから生える髪の毛の形も歪んでしまうのです。
つまり毛根の歪みと同じように、髪の毛の成長過程でクセとうねりが強まるのですね。

血行不良

続いて血行不足もクセやうねりの原因となります。
血液は頭皮にある毛母細胞に栄養と酸素を運ぶ役割を持つため、血行が悪くなると髪の毛が成長するために十分な栄養と酸素が供給されなくなるのですね。
こうして栄養不足のまま作られた髪の毛は正常な形を作ることができず、クセとうねりを生みます。

そして血行不良をおこす原因には以下のものがあります。

・喫煙
・不規則な生活
・食生活の乱れ
・睡眠不足
・ストレス
・肩こり、首こり

いずれも日常的なところに潜む原因なので、毎日の生活を整えることで血行を改善し、髪の毛のクセとうねりを弱くすることができます。

成長による変化

あなたも成長期に髪の毛のクセやうねりに変化があったという話を聞いたことはありませんか?実はこのようにして成長期に髪の毛の質に変化が起こることは決して珍しくないのです。
幼児の頃の髪の毛は非常に柔らかいためクセが出にくいのですが、成長するにしたがって髪の毛が固くなることでクセやうねりが強く出てしまうのですね。
こうした成長による変化もクセとうねりの原因になります。

スポンサーリンク

うねりを抑える方法

ここまでクセとうねりの原因となる5つの要素について説明してきましたが、いかがだったでしょうか?先天的なものはどうすることもできませんが、後天的な原因についてはあなたの力でコントロールすることができるのですね。

ここからはクセとうねりを抑える方法について紹介していきます。
どれも毎日の中に取り入れることのできるものなので、あなたも今日からトライしてみましょう!

規則正しい生活と禁煙

原因のところで述べたとおり、不規則な生活やストレスはクセやうねりを強める原因になります。
そのため、毎日の生活を整えることでクセとうねりを弱くできます。
具体的には以下のポイントに注意して生活を送りましょう。

・規則正しい生活を心がける
・油分、脂質、糖類の摂取を控え、野菜や海藻を意識して食べる
・1日7時間半をめどにしっかりと睡眠時間を確保する
・ストレスをため過ぎない
・禁煙する

このように幅広いですが、小さなことから始めることでクセとうねりを改善することができます。
一度にすべてを変えることはできないので、あなたにできる範囲で生活を整えていきましょう。

頭皮マッサージ

頭皮の血行を改善するためには頭皮マッサージもおすすめです。
血行が良くなることで毛母細胞に栄養素がしっかりと届くので、それだけ髪の毛が本来の形を維持しながら成長しやすくなります。

頭皮マッサージは以下のようにして行いましょう。

1.入浴してシャンプーで頭を洗う
2.髪の毛が濡れた状態で指の腹で円を描くように頭皮をマッサージする
3.特に生え際と頭頂部を重点的にマッサージする

頭皮は日常的に動くものではないため、マッサージで意識して動かしてあげる必要があります。
それこそ大人になると頭皮がどんどん固くなっていくので、あなたもさっそく今日から頭皮を動かしていきましょう。

ドライヤーで乾燥させ過ぎない

天然パーマは乾燥するとクセとうねりが強くなります。
そのためドライヤーで髪の毛を乾燥させすぎると、クセとうねりが強くなるのです。

ドライヤーをかける際は髪の毛から15㎝以上離して、一か所に風を当て続けないようにしましょう。
髪の毛全体に風を含ませるようにして過度の乾燥を防ぎます。
またクセを伸ばしながら乾燥させていくと、それだけ乾燥後のクセとうねりも弱くなります。

ドライヤーのかけ方でスタイリングがどれだけ楽になるか大きく変わるので、あなたの髪質に合ったドライヤーのかけ方を見つけていきましょう。

保湿効果の高いシャンプーとトリートメント

先ほども触れたとおり天然パーマは乾燥するとクセとうねりが強くなり、濡れるとクセとうねりが弱くなります。
そのため保湿効果の高いシャンプーとトリートメントで髪の毛の潤いを確保することで、クセとうねりを弱くすることができます。

かかりつけの美容師がいるならば、相談してあなたの髪質に合ったシャンプーとトリートメントを探してください。

まとめ

今回は天然パーマのクセとうねりを抑える方法について解説しました。
天然パーマの原因には先天的なものもありますが、一方で後天的なものもあります。
そして後天的な原因については、ある程度コントロールできるのです。

そのため天然パーマのクセとうねりを抑えるためには以下に注意して毎日の生活を送りましょう。

・規則正しい生活を送り、禁煙する
・頭皮マッサージを毎日する
・ドライヤーで髪の毛を乾燥させすぎない
・保湿効果の高いシャンプーとトリートメントを使う

天然パーマであることはどうしようもないので、これからはクセとうねりをコントロールすることにエネルギーを注いでいってください。
あなたの髪質に合った方法を見つけることができれば、クセとうねりを活かした素敵な髪型を楽しむことができるでしょう。

スポンサーリンク




きしろ
あなたが使っているシャンプー&コンディショナーがベストか一緒に考えませんか?

京都のファミリーサロンセブンオーナー理容師として24年間お客様の髪に関わってきました。

特に30代後半~40代前半の女性は、産後の方含め特に髪をいたわる必要がありますが、意識してされていますか?

使っているシャンプーやコンディショナーが髪質にあっていないと「抜け毛・ボリュームダウン・ツヤ落ち」を起こしやすいですよ。
髪型やヘアケアには人一倍取り組んできたつもりです。

きっとあなたの髪質改善のサポートができると思いますので、LINE@でお友達になりませんか?

LINE@でお友達申請いただけた方は、髪質・肌質も考えながら「あなたが使うべき適切なシャンプー」をマンツーマンでお答えします。

髪を大事にしたい方限定


LINE@で直接僕に質問してみる

今すぐ友だちになる

※ 今使ってるシャンプーも診断中!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
きしろこうぞう

きしろこうぞう

京都の伏見区でファミリーサロンセブンを営んでいるきしろです。自身も悩むAGAをお医者さんに取材しつつ、育毛シャンプー・育毛剤について調べてブログにしています。

-ヘアスタイル
-

Copyright© ヘアマニア , 2019 All Rights Reserved.