若白髪予防対策!白髪になる3つの原因と4つの対策を理容師が検証

生活習慣で増えてしまう白髪の原因と改善策

男性も女性も、白髪の本数が増えてくると気になりますよね

最初は1本2本と数えられたのが、だんだんと数えられないぐらいに増え、そのうち白髪の方が多くなってくる。

そんな気になる白髪ですが、いったいどうやって白くなってくるんでしょうか?

白髪はもともと黒だった髪の毛の色素がなくなったものと思っていませんか?

白髪は黒髪の色素が落ちて白くなるのではなく、もともと白いまま生えてくるんです。

黒髪や髪の毛の色が暗い人は、反対色なので特に目立ちますよね。

髪の毛が白いより黒い方が若々しい感じがするのはご存知の通りだと思います。

白髪が生えるというのは基本的には老化現象なので仕方のないところもありますが、若い時に白髪が増えてきた場合、生活習慣が関係しているかもしれません。

その場合の原因は何なのでしょうか?老化以外のことが原因で白髪が増えることもあるのか?

そして改善策は?

今日はそんな若白髪の原因、予防、対策について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

若白髪の原因

年齢とともに自然に白髪になってしまうのはある程度しょうがないことかもしれません。

ただ、本来健康的な生活をしていればならないはずの若白髪というのは、予防することもできるんです。

30代で急激に白髪が増えた場合などは要注意ですね。

いったいどんなことが原因で白髪になるんでしょうか?

若白髪には2種類ある

白髪になるという現象は、「欠失型」と呼ばれる、メラノサイトがメラニン色素を作り出せない場合と、「休止型」と呼ばれる毛母細胞の仕組みが狂い、メラニン色素を受け入れず、黒色にできなかったときに、白髪になる場合があります。

白髪は、髪の毛が作り出される時に色素合成が行われ、黒髪で伸びてきた髪の毛が白髪に変わることはないと言われています。ですが、なんらかの理由があり色素合成がされなくなり、黒髪が途中から白髪になるということがあるそうです。

休止型の場合は毛母細胞の働きを正常に戻すことができれば、黒髪が生えてくる場合もあります。

若白髪は休止型の場合が多いので、原因と対策を把握して改善していけるといいですね。

ストレスで若白髪になる

ほかにもストレスは髪の毛に影響を与えます。

ストレスは僕たちの体に色々な影響を与えてきます。ストレス状態は、緊張状態のため、血管が収縮し血行が悪くなります。そうなることで、自律神経も乱れやすくなってきます。

ストレスを受けて、白髪が増えやすいのは、ストレスで乱れてきた自律神経がバジル領域の幹細胞のメカニズムにダメージを与えてしまっていると言われています。

メラサイトはストレスに弱いと言われており、ストレスが影響して白髪が生える時は部分的にまとまって生えることが多いです。

他にもストレスは、免疫力の低下や睡眠不足になったり、食生活が悪くなったり、喫煙量が増え、白髪が増える原因になります。

急に白髪が増えてきた場合は、ストレスが影響を受けていることもありますが、病気が隠れている場合もあります。

心配な時は、医師の受診をおすすめします。

10代~30代の若白髪の原因は?

白髪には個人差もありますが、30代になると出てくる人が多くなってきますね。

若白髪の場合は10~20代から出てくることもあります。女性は初潮や、出産、閉経の時期に血流の影響を受け、髪の色が変化したり、白髪になったりすることもあります

白髪の原因には、遺伝的なもの、生活習慣、年齢など様々な原因があると言われています。

遺伝の原因はすべて解明されていないので、白髪以外のいろいろな原因が白髪が増える原因になっていることもあると考えられています。

睡眠不足も若白髪の原因?

生活的な原因では睡眠時間があります。

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、バジル領域の幹細胞に影響します。きれいな黒髪の成長には、規則正しく充分に睡眠をとることにより、成長ホルモンが分泌され、きれいな黒髪が成長します。

たばこの過剰摂取や、ストレスは血行不良や活性酸素が原因で、髪の毛に影響を与えたり、細胞の老化を進めます。

紫外線も活性酸素が原因で髪の毛に悪影響を与えます。

白髪が多いと老けて見られやすくなってしまいますね。

生え際や分け目はとくに目立ちます。

日頃の生活習慣を改善し、白髪が増えないようにしたいですね。

生活習慣

まずはストレスを溜めないことや、バランスの良い食事、運動を、睡眠をとりましょう。きちんとした生活をおくることで、白髪だけじゃなく、体も健康的になっていきます。

ですが今までの生活を180度変えて、完璧に健康的な生活にするのは急には難しいという方も多いと思います。

少しづつ改善していくのがいいかもしれませんね。

食べ物で白髪予防

チーズを食べるのは、メラニン色素を増やすという意味で白髪対策に有効です。

メラニンの元となるのもがチロシンです。チーズにはチロシンが多く含まれているため、チーズをたくさん食べることをオススメします。

豆腐や大豆でも大丈夫です。

生姜を食べる

生姜を食べると体が温まります。体の末端部分を温めるのは、生姜のジンゲロールという成分です。メラノサイトを元気にするには頭皮の血行が重要で、食べ物で血行促進を高めるのも一つの方法です。

多種の野菜の画像
白髪予防におすすめの食べ物!白髪の原因を7つの栄養素で改善しよう

白髪予防におすすめの食べ物と、白髪の原因、改善する栄養素7つについて書きました。

続きを見る

若白髪改善にはシャンプーを変えてみる

白髪が気になりだしたらシャンプーを変えてみるというのも1つかもしれません。

髪や頭皮に良いシャンプーというのは白髪予防成分が入っている商品もあります。

弱酸性・アミノ酸・ノンシリコン・無着色・無添加といった成分があり、メラサイトに直接効果のある物質ヘマチンも含まれています。他にもジノセサイドといった血行促進作用のあるシャンプーもあるので、白髪対策になるでしょう。

白髪予防効果が期待できるシャンプーはこちらです。

haruシャンプーのパンフレット
haru黒髪スカルプシャンプーの成分解析!白髪や抜け毛など検証

理容師が人気のharuシャンプーの成分を解析、検証してみました

続きを見る

頭皮マッサージで白髪予防

他にも白髪を予防する方法があります。血行促進になる頭皮マッサージです。ヘアグッズなども出ているので使ってみるのもいいですね。入浴時のシャンプーの時に一緒に使えるアイテムがオススメです。

シャンプーを白髪用シャンプーに変えるだけでなく、変えたうえで、洗うだけではなくそれに加えてほぐすという行為を加えてみましょう。そうした頭皮マッサージを日常からしていくことで、血行が良くなり効果的な白髪予防になります。頭頂部や後頭部は、血行不良になりやすいので重点的にマッサージするのがいいですね。

毎日、少しでもコツコツ頭皮マッサージを続けたり、生活習慣、食べ物に気をつけることで、白髪予防ができます。毎日コツコツ続けることをおススメします。

スポンサーリンク




きしろ
あなたが使っているシャンプー&トリートメントがベストか一緒に考えませんか?

京都のファミリーサロンセブンオーナー理容師として24年間お客様の髪に関わってきました。

男女共に30代後半~40代で髪質は変わってきます。

細毛や薄毛、繰り返すカラーによる傷み、髪のバサバサ感など。

20代はあんなにツヤツヤで張りのある髪だったのに…

そして、「抜け毛・ボリュームダウン・ツヤ落ち」はシャンプーやトリートメントが髪質にあっていないと改善しにくいです。

髪型やヘアケアには人一倍取り組んできたつもりですし、あなたの髪質改善のサポートができると思いますので、LINE@でお友達になりませんか?

LINE@でお友達申請いただけた方は、髪質・肌質も考えながら「あなたが使うべき適切なシャンプー」をマンツーマンでお答えします。

髪を大事にしたい方限定


LINE@で直接僕に質問してみる

今すぐ友だちになる

※ 今使ってるシャンプーも診断中!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
きしろこうぞう

きしろこうぞう

京都の伏見区でファミリーサロンセブンを営んでいるきしろです。自身も悩むAGAをお医者さんに取材しつつ、育毛シャンプー・育毛剤について調べてブログにしています。

-薄毛予防・ケア

Copyright© ヘアマニア , 2019 All Rights Reserved.