絶対使ってはいけないシャンプーと安全なシャンプーランキング7選!

絶対に使ってはいけない!買ってはいけないシャンプー情報ランキングのマンガ
きしろ
こんにちは。京都の理髪店ファミリーサロンセブンを経営してる、きしろです。

シャンプーって尋常じゃないくらい種類がありますよね。その数1200種類以上。
でも「良いもの・イマイチなもの・避けたいもの」
これらの情報を知っていないと髪や頭皮にダメージが。

ということで、シャンプーを見分ける時に絶対に注意して見るべきポイントを要点絞ってお伝えします。

1つ大前提として知っておかなければいけないことは、「良いシャンプーと言うのは人によって違う」ということ。

Aさんには良いシャンプーだけどBさんは同じシャンプーを使っても肌荒れする。そんなことが往々にしてあります。だから今日は「タイプ別」にシャンプーを選ぶ時の注意点を書いていきますね。

あなたの肌質、髪質から見る使ってはいけないシャンプー、本当に良い安全なシャンプーをランキングにしていますのでシャンプー選びの参考にしてくださいね。

本当に買っていい安全なシャンプー7選を今すぐチェック

絶対に買ってはいけないシャンプーは?

必要情報レベル1位 市販シャンプーの本当の情報

理容師20年以上の目線で言うと、残念ながら市販されているシャンプーで本当に良い成分だけで作られているものは数少ないです。

コマーシャルなどで髪の毛の長い女性がサッラサラの髪の毛をフンワリさせているところ。
男性がシャンプーをしてものすごいスッキリした感を出しているのを見たことがあると思います。

結論からいうとほとんど演出です。
もちろん商売ってそういう演出も含めてのものというのは分かってるんですが、もやっとします(笑)

髪の毛の長い女性がシャンプーだけであんなにツヤが出る人はいません。
まして男性でもそんなにシャンプーだけでスッキリすることはないし、もしスッキリしたとしたら何かしら皮膚に対して影響を与えやすい成分が入っている可能性大。

本当に髪の毛や頭皮に優しいシャンプーというのは刺激が少ないです。
どちらかというと洗い上がりは物足りないぐらい優しい。

基本的にはコマーシャルをしている市販のシャンプーは、成分的にもオススメできるものは少ないですねー。

市販のシャンプーは絶対に使ってはいけないのか?

市販のシャンプーは絶対に使ってはいけないのか?

過去、洗浄力の強いシャンプーというのも理美容室専売品から市販のシャンプーまで100種類以上試しました。

基本的には、サロン専売品の方が市販のシャンプーより成分の良い質の高いものが多いです。
ただ、サロン専売品だから安心とか絶対間違いないということはありません。
実際に店にディーラーさんが持ってくるサロン専売品シャンプーにも、低品質で高価格」というビックリする商品も数多くあるからです。

そして僕も市販のシャンプーを使っています。なぜかというと、自分に合う、合わないというのもありますし、最近は市販のシャンプーもよいものも多い事実も忘れてはいけません。

じゃあ優れたシャンプー教えてよ

じゃあ優れたシャンプー教えてよ

理容師をやっている職業柄、僕は普段からワックスやジェル、スプレーなどの整髪料を使ってスタイリングしています。

その場合、お肌に優しいアミノ酸系のシャンプーでは整髪料が落ち切らないことが多いので、洗浄力のそこそこ強いシャンプー。
そして何もつけない日は、お肌に優しいアミノ酸系のシャンプーと使い分けています。

そしてあまり知られていませんが、実はアミノ酸系シャンプーを使うと頭皮がかゆくなる方が結構おられます。
僕もそうなんですが、アミノ酸系シャンプーはかゆくなるので合わない商品が多い。

理由は「アミノ酸系シャンプーの特徴の、髪や頭皮に吸着しやすいことで成分が頭皮に残留する」から。

だから、人それぞれ頭皮環境含めて、万人に良いシャンプーというのは存在しないと思っていますね。
男性、女性、その中でも肌の強い方、弱い方、髪の毛の長い、短いも関係してきますし。

だから自分に合うシャンプーを見つけるということが大事なんですね。
で、自分に合う良いシャンプーを見つけようと思ったときに、本記事を見直してもらえると嬉しい限りです。

シャンプーに使われている危険な成分

必要情報レベル3位 洗浄剤の成分

シャンプーは50~60%は水、そして20~30%は界面活性剤、それ以外の成分は10~20%しか入ってません。
ほぼ水と界面活性剤でできているんですね。
つまり「界面活性剤の成分」がシャンプーの質を決め「危険度」も決めてるってことです。

そして、シャンプーの成分量は上から配合量の多い順に書いてあるの知っていますか?

成分量の大小

つまり多い部分に以下の成分があったら要注意です。
洗剤にも入っている成分なので、劇薬というと少し語弊がありますが、まぁ好き好んで使う必要性は皆無でしょう。

注意して確認しよう!

成分詳細
ラウリル硫酸Na
ラウリル硫酸カリウム
清掃用洗剤にもしようされる洗浄力。
粒子が小さく残留性が高いので中長期的に皮膚ダメージを与える
ラウレス硫酸Na
ラウレス硫酸TEA
皮膚への刺激・脱脂力が強い。
超オイリー肌の人がしぶしぶ使うレベル

シャンプーの裏に成分を全部書くというのは日本の法律で決まってます。
最初に1回しっかり目を通しましょうね。

注意成分についての補足

注意成分についての補足

上記の成分は、旧表示指定成分と言われます。
旧表示指定成分とは旧厚生労働省が定めた「アレルギー」「湿疹」などの皮膚刺激をおこす恐れのある成分の事。

これらの成分は洗浄力が強く、頭皮にとって必要な皮脂までとり、乾燥や髪の傷み、きしみの原因となってしまいます。

一般的に売られているシャンプーには「実はよく入っています」。
《ラウリル》と《ラウレス》という成分は頭皮にも身体にも良くないですので、気に留めておいてください。

身体に良くないと分かっていながら、一般的に売られているシャンプーやボディーソープにはいまだに高い確率で「ラウリル硫酸Na」と「ラウレス硫酸Na」は使われています。

なぜ良くないと分かっているのに使われるのでしょうか?

その1番の理由は値段。
この2つの成分は安価で大量生産に向いているので安く作れるんですね。

テレビCMで流れているシャンプーの多くは主成分として使っています。
「でもそんなにキシキシにもバシバシにもならないよ?」
と思いますよね。

きしみ・痛みを感じないんだけど?

リンスの基礎知識

使用感だけで「きしみ」や「傷み」が分からないのは、何かしらの補助成分と併用して作られているからなんです。

洗い上がり感はよくても頭皮や髪にダメージを与えていることに変わりはないわけで。
ちなみに、理容室や美容室で売られているシャンプーって高いものが多いです。
理由は石油系の界面活性剤を使わず成分の良い「アミノ酸系」や「ベタイン系」の洗浄剤をメインに作るとどうしても高くなってしまうからなんですねー。

市販しているシャンプーの5倍~10倍しても珍しくないですよ。
ただ、高ければ良いシャンプーなのか?
というとそうではありません。

サロン専売品でも、質のよくないシャンプーが高値で売られていることもよくあります。
使ってる人は質の良い高級シャンプー使ってるつもりだけど実際は低品質。
これホントにびっくりするぐらい多い。

だからシャンプーにこだわりたい人は、正しい知識を持った方が良いと思うんです。

タイプ別買っていい安全なシャンプーおすすめランキング7選!

シャンプーについて話し合う男女のイラスト

じゃあ買って良いシャンプーを教えてよってことなんですが、先ほどから言ってるように万人に合うシャンプーはありません。

なのでタイプ別に合うシャンプーをまとめてみたので参考にしてください

健康な美髪を目指す女性!海の力で40年研究中のラサーナプレミオール

ラサーナプレミオール

ラサーナ(La Sana)プレミオール

プレミオールPremior

ポイント

  • 海の力で艶めく美髪へ
  • アロマテックフローラルの香り
  • 40年以上の研究「ヘアケアライン」
  • 洗い流さないトリートメント10年連続NO1
  • 通常 3,834円 ⇨ 特別 1,980円
商品名プレミオール
メーカーラサーナ
内容量130ml
シリコンシクロペンタシロキサン
界面活性剤ココイルグルタミン酸TEA、ココイルアラニンTEA、ココイルグリシンK、コカミドプロピルベタイン
仕上がり指通りのいい、滑らかな仕上がり
香り蘭やゆり系の甘い香り
価格、キャンペーン3,834円
公式サイトにてスターターセット48%割引で1,980円

女性でショートヘア、お肌に優しいリンスインを使いたい方にはharuシャンプー

ハル(haru)黒髪スカルプシャンプー

時短

ポイント

  • 100%天然由来
  • コンディショナー「不要」のオールインワンシャンプー
  • ハリ、コシ、ボリューム不足もこれ一本でOK!
  • バスタイムを時短したい!
  • 定額コースならずっと20%オフ
商品名haru黒髪シャンプー
メーカーnijito
内容量400mg
シリコンノンシリコン
界面活性剤ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA
仕上がり髪のダメージも補修してくれてハリ・コシも、解決
香り柑橘系の香り
価格、キャンペーン公式購入で以下。
・30日間全額返金保証
・送料無料
・シャンプーブラシプレゼント
定期コースで20%off
・3本セット購入で25%off

※5周年を機会にさらに髪に優しい成分を追加しharu(黒髪スカルプ・プロ)からharu(kurokamiスカルプ)にリニューアル

通販サイト値段
公式サイト3,888円最安値
アマゾン4,070円
楽天3,888円最安値
ヤフー3,888円最安値

非正規品販売店で購入した商品の「品質保証・安全管理・取引の安全性」についてメーカー側は一切責任を持ちません。安心・安全な購入をしたい人は公式サイトを強くおすすめします。

白髪染めで傷んだ髪が気になる女性にはHANAオーガニックリセットシャンプー

HANAオーガニックリセットシャンプーを持つ女性の画像

HANAオーガニックリセットシャンプー

リセットシャンプー&3WAYトリートメントパック

ポイント

  • 髪は、今からでも美しくなれる
  • 40代、白髪染めを続けて悩んでいる女性に。
  • 98%を天然由来
  • 30日間全額返金保証
  • 定額コースの初回35%オフ、2回目以降20%オフ
商品名HANAオーガニックリセットシャンプー
メーカーHANA
内容量280g
シリコンノンシリコン
界面活性剤コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na
仕上がり泡立ちが良い点、加齢によってボリュームダウンした髪の毛もしっかりと根元から立ち上げてくれる
香りハーブの香りがよく、その中でもイランイランの匂いが強い
価格、キャンペーン7,800円 公式サイトにて35%割引

くせ毛でお困りの方にはクィーンズバスルームシャンプー

クィーンズバスルームシャンプーを持つ画像

クイーンズバスルーム

ポイント

  • 「水の力」で、くせ毛を変える
  • 負担をかけずに洗えるから、ノンシリコンでもキシまない!
  • サロン級のヘッドスパで「うねり」にアプローチ
  • まるで高級美容液!髪と地肌を潤す贅沢な保湿成分
商品名クイーンズバスルーム
メーカーネセサリー株式会社
内容量500ml
シリコンノンシリコン
界面活性剤グリチルリチン酸ジカリウム
仕上がり髪のまとまり感が凄く文句のない保湿力
香りフルーティーだけど甘くない清潔感が漂う香り
価格、キャンペーン2,300円
5日間のお試しセットが送料無料の1,300円
通販サイト値段
公式サイト1,300円最安値
アマゾン取扱なし
楽天1,404円
ヤフー取扱なし

非正規品販売店で購入した商品の「品質保証・安全管理・取引の安全性」についてメーカー側は一切責任を持ちません。安心・安全な購入をしたい人は公式サイトを強くおすすめします。

髪が細くて絡まりやすい女性にはLe ment ルメント シャンプー

ルメントシャンプーを持つ女性の画像

ルメント(Le ment)

ポイント

  • 有名人・芸能人も多数愛好者がいるルメント
  • 人気の理由は炭酸による洗い心地と「頭皮環境の改善」
  • サロン帰りみたい!とすっきりする
  • 「髪本来の自然な力」を感じている
商品名Le ment ルメント
メーカーCosme College
内容量200g
シリコンノンシリコン
界面活性剤ココイルグルタミン酸Na、ラウリルベタイン、ココイルメチルタウリンNa
仕上がり保湿力が高く髪がしっかりまとまる
香りホワイトブーケの香り
価格、キャンペーン公式サイトにて定期コースでの購入で2,332円
ショップ値段(1本あたり)送料その他条件
Amazon2,592円送料無料特になし
Yahooショッピング2,592円条件付き送料無料○円以上購入
2本以上購入など
楽天市場2,592円条件付き送料無料○円以上購入
2本以上購入など
公式サイト2,332円送料無料定期コースでの購入

非正規品販売店で購入した商品の「品質保証・安全管理・取引の安全性」についてメーカー側は一切責任を持ちません。安心・安全な購入をしたい人は公式サイトを強くおすすめします。

男性で脂性、短髪の方にはZIGENシャンプー

ジゲンシャンプーを持つ男性の画像

ジゲンシャンプー。

そしてシャンプーを100種類以上使ってきたシャンプーマニアの僕が今現在愛用してるのも「ZIGENシャンプー」という石鹸シャンプーです。

ZIGEN(ジゲン)純石けんシャンプー&ボディーソープ

ZIGEN 純石けんシャンプー&ボディソープ

ポイント

  • 頭皮環境を正常に保つスカルプケア
  • 合成界面活性剤を100%不使用
  • 頭皮の匂い、体臭を徹底カバー
  • 全身丸ごとコレ1本!「ボディーソープ」も兼ねている
商品名ZIGEN 純石けんシャンプー&ボディソープ
メーカーZIGEN
内容量500ml
シリコンノンシリコン
界面活性剤カリ石ケン素地
仕上がり植物精油をたくさん使っているため髪がサラサラしてツヤのある髪が保てます
香りほのかに石鹸の香り
価格、キャンペーン公式サイトにて3,982円

非正規品販売店で購入した商品の「品質保証・安全管理・取引の安全性」についてメーカー側は一切責任を持ちません。安心・安全な購入をしたい人は公式サイトを強くおすすめします。

薄毛、抜け毛が気になる男性にはチャップアップシャンプー

シャンプーを使ったお客さんたちの画像

生の声。

チャップアップシャンプーが1位の理由は、成分の良さと実際に使用したお客様のクチコミ評価の内容。

低刺激で頭皮に優しい界面活性剤、植物系成分やオーガニック成分も豊富で成分は文句なし。そして決め手は実際に使ったお客さんの声。実際の使用者の感想が他のシャンプーと比べてダントツに良かったのが決め手。詳しくは男性レビュー記事見て下さい。

チャップアップシャンプー

モンドセレクション金賞受賞 CUシャンプー

ポイント

  • 憧れの艶
  • 健康なハリコシ
  • あなたの髪はまだ美しくなれる
  • 使用感満足度98.8%
  • 定額便なら32%オフ
商品名チャップアップシャンプー
メーカー株式会社ソーシャルテック
内容量300ml
シリコンノンシリコン
界面活性剤コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドメチルMEA
仕上がりツヤやハリがあり寝起きもサラサラに
香りほのかに香っいるあま~い感じ
価格、キャンペーン4,180円+送料660円
公式サイトにて定期便特別価格
3,280円
通販サイト値段
公式サイト3,280円最安値
アマゾン4,800円
楽天3,280円最安値
ヤフー4,180円

非正規品販売店で購入した商品の「品質保証・安全管理・取引の安全性」についてメーカー側は一切責任を持ちません。安心・安全な購入をしたい人は公式サイトを強くおすすめします。

シャンプーの目的って何?

まずシャンプーの目的は髪の毛と頭皮の洗浄です。

元気な髪の毛を生やすためには健康な元気頭皮であることが大切。

そのためには毎日行うシャンプーの質と言うのが大切なんですね。

シャンプーの種類、見分け方

陳列棚にシャンプーが並んでいる画像

見分け方は?

シャンプーは大きく3つに分けることができます。

  • 高級アルコール系(石油系)シャンプー
  • 石鹸系シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー

これはどう違うかと言うと、「界面活性剤」の違いなんですね。

そして上記3つはそれぞれにメリット、デメリットがあります。

界面活性剤の知識、それぞれの特徴とメリット・デメリットを説明していきますね。

界面活性剤の知識について

必要情報レベル4位 界面活性剤の知識について

水と油を同じ入れ物に入れると、分離するのはご存知でしょうか?こんな感じ。

この横から見た境界(層)が「界面」と呼ばれてます。

この界面をなくし、本来なら混じりあうはずのないものを、強制的に混じらせる成分が界面活性剤です。
成分と成分を混じり合わせる性質以外にも、汚れをとったり肌へ吸着させるといった働きもします。

サンスタートニック爽快シャンプーを泡立てる画像

そのため、洗浄力のある成分としてクレンジングや石鹸に含ませたり、乳液やクリーム(混じりあわない成分同士を1つにまとめることができるため)に配合されたり。
と、シャンプーや化粧品には欠かせないものですし、実は界面活性剤は何千種類もあり生活の様々なところで使われています。

➥界面活性剤詳細はコチラの記事へ

ただし、ここからが超重要。
シャンプーに使われる界面活性剤は原料を大別すると2種類、そして高級アルコール系、アミノ酸系、石鹸系もそれぞれに分類されます。

  • 天然系界面活性剤
    アミノ酸系、石鹸系
  • 石油系界面活性剤
    高級アルコール系

天然界面活性剤…動植物油脂

どんなに高濃度でも油分や汚れを落とすだけで皮膚から浸透することはないです。
アルカリ性のところだけに界面活性剤の働きをし、皮膚に接した場合は分解されます。

洗浄後は水により中和。
水と二酸化炭素に分かれ、24時間以内に安全に分解されます。

石油系界面活性剤シャンプーとは?

石油から抽出した界面活性剤です。
科学的に大量生産できるため原価を下げるためによく使用されますね。
そして最重要事項である「石油系界面活性剤の危険性3つ」をご紹介します。

ここからは高級アルコール系シャンプーと言い換えますね。

高級アルコール系界面活性剤のデメリット

必要情報レベル5位 石油系の合成界面活性剤の危険性について

では石油系の合成界面活性剤がなぜ危険性が高く言われるのか?
その部分を説明しましょう。

高級アルコール系界面活性剤のデメリット

高い毒性がある

たんぱく質を壊す働きがある。
アトピーや手荒れ、湿疹、かぶれなどを引き起こしやすいので注意が必要です。

浸透性が高い

界面活性剤の役割の一つに「浸透」と言うのがあります。
人間の皮膚はもともと皮脂膜で有害な物質から守られるようになっています。
合成界面活性剤はその皮脂膜を破って侵入。

表皮より中に入ることはないですが、肌荒れや皮膚トラブルの原因にもなりえます。

シャンプーに入ってはいけない成分?

シャンプーに入ってはいけない成分?

皮膚や髪の毛に刺激が強いと分かっていても合成界面活性剤というのは様々なものに使われています。
理由は簡単。
現行の日本国基準では規制できないことと、お金儲けのため。

天然の界面活性剤感触が良くなかったり、使い心地が良くなかったりして商品化が難しかったり、汚れが落ちにくいというデメリットがあるわけです。
その上高価となれば、メーカーは手を出しませんよね?

一方、合成界面活性剤は安価で大量生産することができます。
どんな汚れも一瞬で落とせる。
かつ、泡立ちがいいなどは合成界面活性剤を利用した商品がほとんどです。

ただシャンプーに使われている合成界面活性剤は、皮膚の表皮より内側には浸透せず、残留していてもターンオーバーの過程で皮膚外に排出されるのでご安心を。

高級アルコール系界面活性剤のメリット

高級アルコール系界面活性剤のメリット

メリットは洗浄力が強くしっかり洗えるのと基本的には安価なこと。

サロン専売品には高級アルコール系なのに高いものもあるので注意。

石鹸系シャンプーのメリットデメリット

石鹸シャンプーは「環境や身体にも良い」というような健康的な商品と認知され、世間一般では「セッケン=健康に良いもの」という認識があるかもしれませんが、それは販売する会社のイメージ戦略で、実は「石鹸」はれっきとした界面活性剤であり、化学物質なんです。

ではメリットデメリットは?

石鹸系シャンプーのデメリット

石鹸シャンプーの特徴は何と言っても「洗浄力の強さ」と肌に刺激を与えやすい「弱アルカリ性」ということ。人間の肌はもともと弱酸性。でも石鹸シャンプーを使うとその弱酸性がアルカリに寄っちゃうんです。

どういう事かと言うと石鹸シャンプーのアルカリがキューティクルをはがれやすくしてしまう。そして頭皮に対する刺激も強い。

石鹸シャンプーのメリット

デメリットの裏返しになりますが、石鹸系シャンプーの洗浄力の強さは、脂性で短髪の男性にはおススメできますし、ある一定の条件を満たす人には非常に良いシャンプーにもなり得ます。

なので石鹸シャンプーの性質をを知ったうえで使うことをおすすめします。

➥石鹸系シャンプー詳細はコチラです

アミノ酸系シャンプーのメリットデメリット

アミノ酸系シャンプーのメリットデメリット

結論からいうと「アミノ酸系のシャンプー」を使った方がよいケースは多いです。
頭皮に優しいので、お肌の荒れやすい弱い方や敏感肌、特に女性の方にはおすすめ。

アミノ酸系シャンプーのデメリット

アミノ酸系シャンプーのデメリットは洗浄力の弱さと吸着力の強さ。分かりやすく言うとしっかり洗いにくく成分が頭皮や髪の毛に残りやすい。

だから男性で皮脂が出やすい脂性の人はかゆくなる人も。
日常的に整髪料をつけられている方などにもおすすめできません。

皮脂の汚れをキレイに取りたい方、整髪料をしっかりと落としたい方は、洗浄力の強いシャンプーにしましょう。

アミノ酸系シャンプーのメリット

アミノ酸系シャンプーのメリットは何と言っても成分の良さ。

髪の毛や頭皮にも優しい成分なので、成分からシャンプーの質を見た場合はダントツにおすすめです。

リンスインシャンプーは使ってはいけない!?

必要情報レベル2位 リンスインシャンプーは髪の毛に良くないという業界の常識

これは条件付きですが市販の「安価なリンスインシャンプー」使わないことをおすすめすします。

メモ

シャンプーは頭皮や髪の毛の汚れを落とすもの

リンスというのは髪の毛をコーティングするもの

シャンプーは頭皮につけてマッサージをするように洗います。
逆にリンスは頭皮につけてはいけません。

リンスインシャンプーの仕組み

リンスインシャンプーの仕組み

写真はイメージ

超簡単にリンスインシャンプーの仕組みを説明すると

①まずシャンプー成分が溶け出して洗浄

②遅れてリンス成分が溶け出し髪表面をコーティング

てな感じです。

まぁ最近はリンスとは言わずトリートメントと言いますね。厳密にいえばリンスとトリートメントは違いますがここでは髪をしなやかにするという意味でリンス=トリートメントにしておきます。

ただそうはいっても、リンスインシャンプー1本で、完全にリンスの働きができるかと言えばできません。あくまで「シャンプー=洗浄剤」なのでトリートメントしたような質感は求められません。
サラサラの質感が欲しいならトリートメントは別で買いましょう。

そもそも、めんどくさいというニーズに沿った都合の良い商品だということを認識しましょう。
頭皮につけない方がよい成分が絶対に入ってしまっているという事になりますねー。

リンスの基礎知識

では、ここであれっ?
と思った人いますか??

「リンスインシャンプーで頭皮を洗えないじゃないか!」

そうなんです。
シャンプーの用途とリンスの用途というのは全く異なったものなんですね。

だからシャンプーとリンスの本来の役割を1つの商品で完結できません。

特に1000円以下のリンスインシャンプーではさらに効果を得ることはできませんし、髪や頭皮を傷める可能性もあります。

・両イオン界面活性剤ベースのシャンプー

・アミノ酸系シャンプー

ただ上記のような、洗浄剤ベースの最近のリンスインシャンプーは、成分的にもリンスインの仕組み的にもうまく作られているので、安全性には問題ありませんし、トリートメントをしたような質感を得られることもあります。

髪の毛が極端に長かったりカラーやパーマを繰り返して傷んでる女性の方は、トリートメントをされたほうが良いですが、成分もよくトリートメントのいらないシャンプーとして1番人気は「haruシャンプー」です。

➥リンスのいらないオールインワン「haruシャンプー」を使った一般人の口コミ記事はコチラです

香り・匂い・爽快感だけで選ぶのはNG

思いつきや直感で選ばないようにしましょうね。
実際どんな風に当店のお客さんが選んでいるかを、ヘアマニア編集部で聞いてみました。
結果はこれ。

  1. 奥さんが買ってくる
  2. 良いにおいがする
  3. スカッとする

奥さんが買ってくる

ありがち。
そして奥さんは、美容室で売っている高級シャンプーを使っているはず。
家庭での力関係が見えます(笑)

良いにおいがする

男性が自分で買うとき多いです。
何を使っても感覚的に違いは分からない。
なら、良いにおいがするのを買っちゃえばいいやー。
ってやつ。
中には良いにおいがするからモテそうという意見も。笑

「よい香り=よいシャンプー」

ここまで読んでいただいた方は理解されていると思います。
さらにいえば、市販されているシャンプーはほとんどが香料です・・・。

この香料というのも、1部を除いて髪の毛や頭皮に良くないものがほとんど。
自然が一番ですよ。

スカッとする

よくあるトニックシャンプー的な感じのもの。
洗った時はスカッとしますが、実はスカッとしすぎるシャンプーにもあまり良いものがありません。

過去、大量にシャンプーを使った経験を踏まえて言うと良いシャンプー=刺激が少ない」がほとんど
そしてスカッとする成分はなんなのか?
ここを見極めないといけませんよ。

サロン専売品はやっぱり良いの?

サロン専売品はやっぱり良いの?

過去、洗浄力の強いシャンプーというのも理美容室専売品から市販のシャンプーまで数多く試しました。

基本的にはやはり理美容室専売品に質の良い商品が多いんです。
ただサロン専売品がすべて良いかと言えばそんなこともありません。高いだけで内容の良くないサロン専売品が多くあるのも事実です。
高くて良くない商品って怖いですねー笑

シャンプーの重要情報ランキングまとめ

必要情報レベル1位 市販シャンプーの本当の情報

健康な髪の毛を生やすためには頭皮が健康でなくてはなりません。

キレイな花(髪)を咲かすには良い土(頭皮)や肥料(シャンプー)が必要ということですね。

そして使ってはいけないシャンプー、買ってもいいシャンプーを見極めることがとても大切です。

価値を感じなければ、無理に使うことはありません。
ですが、本当に健康な頭皮や髪を守りたいなら良いシャンプーを使った方が長い目で見るとベストだと判断しています。

シャンプーで髪の毛は増えない

良いシャンプーを使うのは髪や頭皮環境を整えるには大切なことですが、薄くなった毛を増やすものではありません。

良いシャンプーはあくまで頭皮環境を整え、健康な髪の毛を生えやすい状態にするということですね。

実際に髪の毛を生やすのはAGA治療と言われるものです。

医師の診察を受ける男性2人の画像
AGA治療!薬の効果体験談ブログ!20代~の3人がミノキシジルや治療薬服用の経過を口コミ!

AGA治療!薬の効果体験談ブログ!20代~の3人の髪が激増した画像付きです。

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
きしろこうぞう

きしろこうぞう

京都の伏見区でファミリーサロンセブンを営んでいるきしろです。自身も悩むAGAをお医者さんに取材しつつ、育毛シャンプー・育毛剤について調べてブログにしています。

-薄毛予防・ケア

Copyright© ヘアマニア , 2019 All Rights Reserved.