オーガニックシャンプーっていったい何?成分と口コミを解説

オーガニックをイメージした太陽と雲と緑の画像

今日は「オーガニックシャンプー」について。

最近は食品を始め、シャンプーだけでなく様々な商品に「無添加」「オーガニック」という言葉が使われますね。

無添加やオーガニックと言われると、何となく身体に良さそうなイメージがありませんか?

でもオーガニックって本当に体に良いものや優しいものなんでしょうか?

そもそもオーガニックとは?

オーガニックと書いてあれば全部安心なの?という疑問はないですか?

今日はそんなオーガニックシャンプーの成分とその定義、表示のウソといういことについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

オーガニックってどんな意味があるの?

青々とした葉っぱの画像

オーガニックという言葉は「有機栽培」という意味です

化学合成農薬、肥料を使わず、有機肥料などで土壌の持つ力をいかして栽培する農法の事です。

 

オーガニックの定義

・農薬を使用しない

・化学肥料は使用しない

・肥料を使用する場合は有機肥料のみ使用する

こういう決まりがあるんですね

そして上記のものとは別に、国際基準の資格を持つ第三機関に認証されて、初めて本物のオーガニックとして認められます。

そしてオーガニック商品として市場への流通が可能となるんですね。

オーガニックの認証を受ける主な基準は、認証機関により基準が多少異なりますが、下記の通りです

・3年間農薬や化学肥料を使用していない土地で栽培した

・化学合成農薬、肥料は原則として使用していない

・有機肥料であっても化学薬品や重金属を含んでないものを使用する

・遺伝子組み換え原材料使わない

・放射線照射はしない

・合成添加物の使用を制限

・栽培によって環境破壊をしない

などがあります。

日本では法律によって、有機農産物がかなり厳密に定義されているので、それをクリアして登録認証機関の認証を得ることができます。

そして初めて「有機」「オーガニック」と表示できるようになるんですね。

認証された農産物は、「オーガニックJASマーク」がつけられます。

木や緑の画像

これがあることにより、農産物がオーガニックなのかどうかをすぐに見分けることができます。

オーガニックJASマークがついている農産物は、登録認証機関の認定を受けた農家が作っているという証明になります。

なかなか厳しい審査があるんですね。

それなら口に入れても安全な気がしますね

ではシャンプーはどうでしょうか?

スポンサーリンク

オーガニックシャンプーも認証制?

オーガニック植物の画像

上記の理由から「オーガニックシャンプー」も厳しい審査があって、有機栽培された原料だけを使っていそうな感じもしますね。

日本では「オーガニック」に対しての厳密な定義がありますが、実は「無添加シャンプー」や「オーガニックシャンプー」にはこれといった厳密な基準がありません。

どういう事かというと、シャンプーの中にオーガニック成分が1滴でも入っていれば「オーガニックシャンプー」と表示してもいいことになっています。

オーガニック成分1滴でもオーガニックシャンプー!?

水が一滴滴り落ちる葉っぱ

例えば、あまりよくないといわれている高級アルコール系の界面活性剤を、たっぷり使っているシャンプーがあったとします。

それに有機栽培のハーブがたったの1滴入っているだけでも「オーガニックシャンプー」とうたってもよくなってしまうんですね。

泡の画像

実際のシャンプーには洗浄効果、泡立ち、防腐効果なども必要になってくるので、天然の成分だけで作るのは難しいようです。

それでも「オーガニックシャンプー」というぐらいですから、洗浄成分も天然系のマイルドなものにこだわっていると思いますよね。

でも実際は「オーガニックシャンプー」という名前なのに、実際はオーガニックな成分がほんの少しだけ配合されている普通のシャンプーというのがかなり数多くあります。

オーガニックシャンプーの口コミ

オーガニックシャンプーの口コミの代表的な例を挙げてみました。

・成分が良いので安心して使える

・肌が弱いのでオーガニックシャンプー以外だと頭皮が荒れていたのが荒れなくなった

・アレルギーがあるけどオーガニックシャンプと使い出してからかゆくならない

・何が良いという実感はないが、できるだけ良いものを使いたいのでオーガニックシャンプーを使っている

・オーガニックシャンプーに変えてから髪がサラサラになった

オーガニックシャンプーは髪や頭皮に優しいと実感している方が多いようですね。

ただ、本当に良いオーガニックシャンプーを見極めて使うという事が大切です。

成分を見極めて本当に良いオーガニックシャンプーを使いましょうー。

➥髪や頭皮に良くない使ってはいけないシャンプーと髪に良いシャンプーについてはコチラの記事に詳しく書いてあります

オーガニックシャンプーの宣伝を信じるな!?

洗浄成分が大切な画僧

だから「無添加シャンプー」「天然成分配合〇〇シャンプー」「植物由来の〇〇シャンプー」と書いてあったり、テレビCMで宣伝していてもそれが頭皮や髪に優しいかと言えば、何の根拠もないんですね。

そういう理由でシャンプーの成分を見る時は、オーガニック成分よりも洗浄成分、泡を立てる成分、防腐成分に何が使われているかを気にされたほうがいいと思います。

オーガニック(有機栽培)食品は、日本でも何年か前から外国産の野菜の農薬問題や、国内でも産地偽装問題などがあったので、興味を持つ人が少しずつは増えてきたように思います。

オーガニックティーの画像

ただ、値段の高さやなじみのなさから、まだまだ認知度は低いようですね。

オーガニックと言えばヨーロッパのイメージがないですか?

確かにヨーロッパは「オーガニック」の本場だと言われています。

でもシャンプーに関していうと、ヨーロッパのオーガニックシャンプーが安心かというと、一概にそうは言えません

海外でもその国によってオーガニックの基準が違いますし、日本人の肌に合うのかどうかも使ってみないと分かりません。

女性は特に「オーガニック」という言葉に魅力を感じる方多いですが、口に入れるものであったり、シャンプーなどは、直接身体に何かしらの影響を与えるので、使用する前にちょっとチェックしてみるのもいいかもしれませんね

➥オーガニックシャンプーを含む低刺激だけどしっかり洗えるアミノ酸系シャンプーランキングトップ3の記事はこちらです

スポンサーリンク




きしろ
あなたが使っているシャンプー&コンディショナーがベストか一緒に考えませんか?

京都のファミリーサロンセブンオーナー理容師として24年間お客様の髪に関わってきました。

特に30代後半~40代前半の女性は、産後の方含め特に髪をいたわる必要がありますが、意識してされていますか?

使っているシャンプーやコンディショナーが髪質にあっていないと「抜け毛・ボリュームダウン・ツヤ落ち」を起こしやすいですよ。
髪型やヘアケアには人一倍取り組んできたつもりです。

きっとあなたの髪質改善のサポートができると思いますので、LINE@でお友達になりませんか?

LINE@でお友達申請いただけた方は、髪質・肌質も考えながら「あなたが使うべき適切なシャンプー」をマンツーマンでお答えします。

髪を大事にしたい方限定


LINE@で直接僕に質問してみる

今すぐ友だちになる

※ 今使ってるシャンプーも診断中!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
きしろこうぞう

きしろこうぞう

京都の伏見区でファミリーサロンセブンを営んでいるきしろです。自身も悩むAGAをお医者さんに取材しつつ、育毛シャンプー・育毛剤について調べてブログにしています。

-薄毛予防・ケア

Copyright© ヘアマニア , 2019 All Rights Reserved.