薄毛抜け毛の対策と予防!髪にいい食べ物「1位は卵」の育毛効果は?

髪の毛に良い食べ物1位は卵!!薄毛、抜け毛予防に卵が大事な理由

髪の毛に卵がよい?
そんな話を聞いたことがありますか?
実はそれ「正解」です。

ビオチン・含硫アミノ酸・ビタミン。
髪によい成分がすべて含まれている非常によい食品なんです。

詳しく説明しますので、ご参考ください。

スポンサーリンク

髪の毛に良い卵の食べ方

髪の毛に良い卵の食べ方

髪の毛に良い卵の食べ方は、ゆで卵や、目玉焼きです。

どういうことかというと、「かき混ぜないで加熱している料理が良い」ということです。

卵の黄身には「ビタミンH」といわれるビオチンが豊富に含まれています。

ビオチンは髪の毛を生成するアミノ酸の代謝を促進する働きがあり育毛効果が高い成分と言われています。

ビオチンが髪の毛に良い影響を与えてくれるんですねー。

スポンサーリンク

逆効果!卵のこんな食べ方は髪の毛に良くない

逆効果!卵のこんな食べ方は髪の毛に良くない

そんな髪の毛に良い卵ですが、食べ方によっては育毛効果がなくなってしまうんです。

それは卵かけご飯など卵をを加熱せずに生のまま食べてしまうこと、そして黄身と白身をかき混ぜて食べてしまうことにあります。

先ほどの説明で黄身に豊富に含まれているビオチンについて書きましたが、白身にはアビシンというタンパク質が含まれています。

そしてビオチンとアビシンが結合すると、ビオチンが体内に吸収されるのを妨げてしまうんですね。

だから卵をかき混ぜればかき混ぜるほど、育毛効果が薄れてしまうんですねー。

卵だからどんな食べ方をしても良いというわけではないんですね。う~ん深い。

卵が髪の毛に良い理由

卵が髪の毛に良い理由

卵には髪の毛を作り出す材料になるタンパク質が豊富に含まれています。

さらにタンパク質が髪の毛に生成されるうえで必要なビタミン、ミネラルもバランスよく含まれていますし、黄身には髪の毛を作るアミノ酸の代謝を促進するビオチン、さらに卵には強い抗酸化作用があるセレン(セレニウム)も含まれており髪の毛を生成する上で必要な栄養素のほとんどが含まれています。

だから薄毛、抜け毛予防や健康な髪の毛を保つためにはにはうってつけの食べ物なんですね。

髪の毛に良い食べ物1位は卵!

髪の毛に良い食べ物1位は卵!

髪の毛に良い食べ物1位は何だと思いますか?

ワカメやコンブ、ヒジキなどの海藻類が髪の毛に良いというのはよく聞きますね。

だから海藻のどれかかな?と思ったかもしれませんが実際の1位は「卵」なんです。

アメリカの良く見られているサイトで「TOP TEN OF CITY」というのがあるんですが、そこで髪の毛に良い食べ物TOP10が発表され、その1位に選ばれたのも「卵」だったんですね。

なぜ卵が髪の毛に良いのでしょうか?

実は卵には髪を作るのに必要な栄養素のほとんどが含まれています。

髪に必要な栄養素がこんなにバランス良く含まれている食品は他にはないんじゃないかと思うぐらいです。

抜け毛、薄毛予防や美髪を守るためにはすすんで食べておきたい食品ですね。

今日はそんな卵が髪の毛に良い理由と良い食べ方、良くない食べ方を説明していきます。

卵はお酒からも身体を守ってくれる!?

卵はアルコール類から肝臓を守るという働きもします。

なので、お酒を摂取する際は卵料理も一緒に食べると良いですね

髪の毛に良い卵の成分

髪の毛に良い卵の成分

卵には髪の毛を健康に保つために必要な、ミネラル、セレニウム、鉄、亜鉛、硫黄が含まれています。

それだけでなく、タンパク質やビオチンもたっぷりと含まれています。ビオチンとは、髪の毛の成長を促し、頭皮全体を健康に保つ、ビタミン B 群に分類されるビタミンの一種です。

また毛根細胞というものに酸素を供給するために必要な鉄分も豊富に含まれています。そもそも卵一つで、ひよこが生まれる事を考えれば含まれる栄養素の多さはすごいということです。

「完全栄養食品」と呼ばれる理由が分かります。

ビオチン

たまごには、ひよこを卵の中だけで成長させるために必要な栄養成分が全て入っています。

特に良質なタンパク質だけではなく、頭皮や髪の毛の生成や健康な状態を保つために不可欠なビオチンが含まれているため、育毛とう観点からみると超優良な食べ物なのです。

ビオチンは髪の発育や成長に深く関係しているので、ビオチンが不足すると抜け毛が多くなったり、白髪が増えたりします。
元々ビオチンは健康な食生活を過ごし、健康な体であれば腸内で生成されるため足りなくなることはないのですが、不規則な生活を送っていると不足しやすくなってしまうんですね。

ビオチンには皮膚をきれいにする効果もあるので、シワやシミが気になる女性にも卵はとてもオススメな食材です。

 含硫アミノ酸

また、タンパク質を構成するアミノ酸の中に含硫アミノ酸と呼ばれる硫黄を含むアミノ酸があります。

これが特に髪の毛には必要にな成分なんですね。

含硫アミノ酸は強くて抜けにくい、しなやかな髪の毛をつくる原料になります。

他のタンパク質がどれだけ豊富にあっても、含硫アミノ酸が無いと髪の毛は十分に育たないという事です

含硫アミノ酸の中には「メチオニン」と「シスチン」があります。

シスチンがなくなってくると髪の毛が細くなったり抜け毛が増えたりします。

卵にはこのメチオニンとシスチンの2つの含硫アミノ酸成分が豊富に含まれています。

だから卵は健康な髪の毛を生成し、育てるのにとても有効な食べものになんですね。

ビタミン

卵には、ビタミンAとビタミンEが含まれています。

ビタミンAは細胞を保湿する役割、ビタミンEは血管を拡張し血液循環を良くする働き、女性ホルモンの分泌を助ける働きがあります。

卵には他にも、亜鉛やマグネシウム、ナトリウムなど、髪の毛に必要な栄養素がたっぷり詰まっています。

卵を食べたら太る?

卵を食べたら太る?

昔は卵にはコレステロールが多いから1日に1個しか食べちゃいけないと言われていた時期があります。

健康に気を使っている方はコレステロールが多いと聞くと卵を食べるのをためらってしまいますよね。

でも現代の医学では卵を食べてもコレステロール値は上がらないという事が分かってきました。

卵にはレシチンというコレステロールを下げる栄養素が含まれており、1~2個なら特に心配する必要はありません。

といっても、コレステロールが上がりやすい人やアレルギーの人、高脂血症などの方は食べすぎには注意が必要です。

ここで覚えておいて欲しいのは、コレステロールは体に害がある栄養素ではないということです。

コレステロールはもともと、細胞を強くし、抵抗力をあげ、女性ホルモンの材料となるものです。

女性ホルモンの材料になる「ということは、髪の毛を生成する上でとても大切な栄養素ということになります。

卵は本当にたくさんのの栄養素をたっぷり含んでいるので、毎日1~2個程度摂取したいですね。

卵の弱点!?

卵の弱点!?

卵はタンパク質やビタミンA、ビタミンE、鉄分やカルシウムなどの体を健康に保つのに大切な栄養素も豊富に含まれています。

しかしミネラルやビタミンC、食物繊維などは含まれていないんですね。

だから卵を食べるときには野菜や海藻類を組み合わせるなど、バランスよく栄養分を摂取するという意識が大切ですね。

卵と髪の毛について、まとめ

卵と髪の毛について、まとめ

卵が髪の毛に良い理由、良い食べ方、良くない食べ方、成分などを書いてきました。

卵には髪の毛にとっても、身体にとっても大切な栄養素がたっぷり入っているので毎日食べることをおススメします。

ただ、卵ばかり食べていたら栄養が偏りますので、他の食材とバランス良く摂取するようにして、健康な頭皮と髪の毛を育てましょう。

スポンサーリンク




きしろ
あなたが使っているシャンプー&コンディショナーがベストか一緒に考えませんか?

京都のファミリーサロンセブンオーナー理容師として24年間お客様の髪に関わってきました。

特に30代後半~40代前半の女性は、産後の方含め特に髪をいたわる必要がありますが、意識してされていますか?

使っているシャンプーやコンディショナーが髪質にあっていないと「抜け毛・ボリュームダウン・ツヤ落ち」を起こしやすいですよ。
髪型やヘアケアには人一倍取り組んできたつもりです。

きっとあなたの髪質改善のサポートができると思いますので、LINE@でお友達になりませんか?

LINE@でお友達申請いただけた方は、髪質・肌質も考えながら「あなたが使うべき適切なシャンプー」をマンツーマンでお答えします。

髪を大事にしたい方限定


LINE@で直接僕に質問してみる

今すぐ友だちになる

※ 今使ってるシャンプーも診断中!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
きしろこうぞう

きしろこうぞう

京都の伏見区でファミリーサロンセブンを営んでいるきしろです。自身も悩むAGAをお医者さんに取材しつつ、育毛シャンプー・育毛剤について調べてブログにしています。

-髪と栄養

Copyright© ヘアマニア , 2019 All Rights Reserved.