抜け毛が多い女性の薄毛はこれが原因?女性に多い脱毛症の種類5つ

抜け毛が気になる女性

抜け毛と聞くと男性を思い浮かべる方も多いんじゃないでしょうか?

確かに髪の毛が前から薄くなったり、ウズの付近から薄くなって地肌が見えたりしているのは男性が多いですね。

でも最近は女性で薄毛のなる人が増えているんです。

理由は色々ありますが、30年ほど前の日本と比べると変わってきたのは欧米よりの食生活、昔は良い意味でおおざっぱだったのが細かくきっちりコンプライアンスを守らなければならない事によるストレスの増加、スマホの普及など夜型の生活習慣を過ごす人が増えたこと、度重ねるヘアカラーによる髪や頭皮の傷みなどでしょうか。

今日はそんな最近多い女性の抜け毛のお話。

女性の抜け毛で多い脱毛症の種類5つの症状と原因について美容師目線で書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

薄毛が気になる女性に多い抜け毛の原因5つ

薄毛が心配の女性

 

女性の抜け毛の原因となっている主な脱毛症には5つの種類があります。

脱毛症というのは女性、男性それぞれで原因が同じものもありますし、全く違うものもあります。

元々は脱毛症と言えば男性のものというイメージがある人が多いかもしれませんが、最近では女性の抜け毛のお悩みもかなり増えてきているんですね。

男性は40代後半~50代になると髪の毛が細くなり、薄くなる人も多いですね。もちろん髪の毛が多い方が良いと思いますが、ある程度は年齢と共にあきらめモードになる人も多い気がします。ただ女性はというと…ヘアマニアの店舗アンケートによると、「白髪になるのはまだしょうがないところもあるけど薄くなるのは絶対にイヤだ」というお客様が圧倒的に多いんです。

女性にとってに健康な髪はオシャレをしたり良い雰囲気を保つには必要だと思ったている人が多いという事ですね。

そんな健康な髪を守る為にも抜け毛の原因である脱毛症の原因と種類を知ることも大切ですし、原因を知ることで、予防できることもあります。抜け毛の原因を知り髪の毛を守りましょう。

まずは、女性特有の脱毛症について説明していきますね

スポンサーリンク

女性特有の注意したい脱毛症

元々女性しかならない脱毛症もありますし、ヘアカラーのしすぎや紫外線などの外的要因で脱毛症になる場合もあります。

原因はいろんなものがあるんですがその中でも特に多い5つの脱毛症があります。

それが

・瀰漫性脱毛症(ビマンセイダツモウショウ)

・牽引性脱毛症(ケンインセイダツモウショウ)

・産後脱毛症(サンゴダツモウショウ)

・円形脱毛症(エンケイダツモウショウ)

・脂漏性脱毛症(シロウセイダツモウショウ)

この5つの脱毛症が女性に多い脱毛症の種類です。

1つずつ説明していきますね。

瀰漫性脱毛症

びまん性脱毛症の女性

瀰漫性脱毛症(びまん)とは髪の毛が全体的に抜けてしまって髪のボリュームが無くなってしまう脱毛症です。

これは10~20代の女性にはあまり見られない脱毛症で、30歳を超えたぐらいから症状が現れてくる人が多いです。

瀰漫性脱毛症の最も大きな原因になっているのは、女性ホルモンの減少だと言われています。

瀰漫性脱毛症の原因は、女性ホルモン以外にもいくつかあります。

➥女性に多い「びまん性脱毛症」の原因・見分け方と3つの対処法はこちらに詳しく書いています

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症の女性

牽引性(ケンインセイ)脱毛症は、、前髪や横の髪の毛が抜けてしまう脱毛症です。

牽引性脱毛症の原因になっているのは、、髪の毛に常にテンション(引っ張る力)がかかり、いつでも髪を引っ張っているような状態になってしまう事が原因です。

髪の毛を引っ張ることによって、自然に頭皮も引っ張られてしまいます。

それにより血行が悪くなってしまって、、髪の毛が抜けていってしまいます。

牽引性脱毛症を起こしてしまうのは、髪の毛を引っ張りすぎ、テンションをかけ続けてしまう髪型に原因があります。

【牽引性脱毛症になりやすい髪型】

・ポニーテール
・三つ編み
・お団子ヘア
・編み込み
・エクステ

これらの髪型は髪の毛を引っ張っているという状態が長く続くことによって頭皮、毛根がダメージを受けて硬くなり、血行不良になってしまったりします。髪の毛ギュッッとくくったりするのって当たり前にしていることかもしれませんが、実は髪の毛や頭皮にすごく負担をかけているんですねー。

そしてエクステですがエクステは髪型をアレンジするのにとても便利なものですよね。

これは、実際につけている方なら分かると思いますが、頭皮にはテンション(引っ張る力)がかなりかかっています。

どんな髪型でもそうなんですが、ずっと同じ方向にひっぱっていると、その分のダメージが頭皮には蓄積されているんです。

その結果、頭皮が硬くなってしまったり、血行不良などにも繋がったりしてしまうんですね。

これは男性でも女性でも面接時などで良い印象を与える髪型として、「おでこが見えている、耳が見えている、えり足が見えている」ヘアスタイルが好感を与えると言われています。

ただ女性がおでこ、耳、えり足を見せようと思うとポニーテールのようなギュっとくくる髪型になってしまいます。

ポニーテールがダメというわけではないのですが、頭皮にテンションがかかり続ける髪型だと、その状態をずっと続けていると、牽引性脱毛症になる可能性が高くなってしまいます。

産後脱毛症(分娩後脱毛症)

産後脱毛症の女性

ご存知の方は少ないと思いますが、女性特有の脱毛症の中に、産後脱毛症というものがあります。

これは、母親が赤ちゃんを産んだ後に、急に抜け毛が増えるという脱毛症なんです。

これは出産によって女性ホルモンが大きく変化してしまうことが原因で起こってしまうんです。

赤ちゃんに合わせて夜中でも起きたりするので、どうしても寝不足や生活習慣が不規則になってしまいますね。できるだけバランスの良い食生活や寝れるときは寝るようにして睡眠をしっかりとるようにしましょう。

円形脱毛症

円形脱毛症の女性

円形脱毛症というのは聞いたことがある方も多いと思います。

この円形脱毛症も一般的には男性に多い脱毛症だと思われていますが、女性の方にも増えてきています。

男性と違い女性は髪の毛が長かったりするので、パッと見た感じでは周りの人は気付きにくいですが突然できていてビックリされる方も多いです。中には来店されるまで全く気付かれずにコチラが円形脱毛症ができていることをお伝えして初めて知る方も多いです。

円形脱毛症はおもにストレスによってできると言われてます。

病院に行けば薬などももらえますが、即効性はほぼないので長い目で見ておく方がいいのと、気になるかもしれませんが気にして治るものではありませんし、できるだけ気にしないのがいいのかなと思います。

短期だと2~3ヶ月期で治る場合もありますし、長い人は何年も続く人もおられます。

➥女性の円形脱毛症とその対処法についてはこちらの記事に詳しく書いています

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症とは頭皮が炎症を起こしてかゆくなってしまい、髪の毛が抜けていく症状で、脂漏性皮膚炎ともいわれています。

フケが大量に出てしまう症状もあります。

その原因は頭皮にマラセチアという菌(カビ)が増殖してしまい、炎症をおこしてしまうんですね。

薄毛が気になればまずは病院・クリニックへ

脱毛の悩みって基になりますがなかなか人に相談しにくいですよね。

やはり気になるようであればまずは病院の皮膚科、FAGA治療をしているクリニックへ行かれることをおすすめします。

治療をしたからといって、すぐに髪の毛は生えてきませんが、自分がどの脱毛症なのかもし分かれば対処して改善できる可能性も出てきます。

極端に抜け毛が多かったり、長期間続くときも病院へ行かれることをおすすめします。

薄毛の症状が軽い、予防したいときは育毛剤

「髪の毛が少し細くなってきた」

「将来薄くならないか心配」

実際に脱毛症や薄くなっているわけではないが、髪がやせて細くなってるのが気になったり、ややボリュームが減った、でも病院は行きたくないという方には育毛剤をおすすめします。

育毛剤を使っても髪の毛が増えるわけではありませんが、髪の毛や頭皮に良い成分入っているので、つけないよりはつけたほうが良いです。

育毛剤で栄養を与えることで、健康な髪や頭皮を守りましょう。

➥女性におすすめの育毛剤ランキングはこちらです。

まとめ

女性の抜け毛で多い脱毛症の種類5つについて書いてきました

昔も今も「髪は女性の命」と言われるほど女性にとってキレイでツヤのある髪は大切なものです。

そんな大切な髪が抜けてしまうというのは、できるだけ防ぎたいですね。

女性に多い脱毛症は

・瀰漫性脱毛症(ビマンセイダツモウショウ)

・牽引性脱毛症(ケンインセイダツモウショウ)

・産後脱毛症(サンゴダツモウショウ)

・円形脱毛症(エンケイダツモウショウ)

・脂漏性脱毛症(シロウセイダツモウショウ)

この5種類があります。

「最近抜け毛が多いな~」、「ちょっと髪の毛が少なくなってきたな~」と感じている方は、もしかしてどれかの脱毛症になってしまってるかもしれないです。

一度、チェックしてみてください。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク




きしろ
あなたが使っているシャンプー&トリートメントがベストか一緒に考えませんか?

京都のファミリーサロンセブンオーナー理容師として24年間お客様の髪に関わってきました。

男女共に30代後半~40代で髪質は変わってきます。

細毛や薄毛、繰り返すカラーによる傷み、髪のバサバサ感など。

20代はあんなにツヤツヤで張りのある髪だったのに…

そして、「抜け毛・ボリュームダウン・ツヤ落ち」はシャンプーやトリートメントが髪質にあっていないと改善しにくいです。

髪型やヘアケアには人一倍取り組んできたつもりですし、あなたの髪質改善のサポートができると思いますので、LINE@でお友達になりませんか?

LINE@でお友達申請いただけた方は、髪質・肌質も考えながら「あなたが使うべき適切なシャンプー」をマンツーマンでお答えします。

髪を大事にしたい方限定


LINE@で直接僕に質問してみる

今すぐ友だちになる

※ 今使ってるシャンプーも診断中!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
きしろこうぞう

きしろこうぞう

京都の伏見区でファミリーサロンセブンを営んでいるきしろです。自身も悩むAGAをお医者さんに取材しつつ、育毛シャンプー・育毛剤について調べてブログにしています。

-薄毛予防・ケア

Copyright© ヘアマニア , 2019 All Rights Reserved.