市販(ドラッグストア・薬局)で買う女性育毛剤のメリットデメリットや成分

髪を触る女性のイラスト

ここ数年のドラッグストアを見ると、「女性用育毛剤」のコーナーが拡大しているのがわかりますね。

これには「需要と供給」のバランスで、それだけ”薄毛に悩んでいる女性が増えている”ということではないでしょうか。

ドラッグストア・薬局での女性用育毛剤の種類は多く、どれを買えばいいのか分からないかもしれませんね。

錠剤のイラスト

自分の薄毛の症状や体質に合った育毛剤を選ばなければ、思ったような改善は見込めませんから、最低限の知識をつけておきたいですね。

今日はドラッグストアや薬局で購入できる女性用の育毛剤のメリット・デメリット、成分や選び方について書いてみました。

スポンサーリンク

市販で買える女性育毛剤のメリット・デメリット

髪を触る女性の画像

女性用に限らず、「育毛剤」のマーケットの中心は「ネット通販」だといわれています。

機能性の高い育毛剤を自社工場で開発し、”通販”によって販売してきた歴史があるからです。

ドラッグストアや薬局で女性用育毛剤を販売しはじめたのは、ほんのここ数年のことで、大きなメーカーでは店頭とネットの両方で販売しています。

女性用育毛剤をドラッグストア、薬局で買うメリットは?

商品を選ぶ女性の画像

女性用育毛剤を、ドラッグストア・薬局で購入できるメリットは、「実物を手にとって見られる」ということでしょう。

実際に店頭で見られるからといって、効果の高さを計り知ることはできませんが、ネットに慣れない女性などはやはり安心できるようです。

よく「薬剤師さんがいるから安心」といわれる女性もいますが、ドラッグストアの常駐している薬剤師は、”発毛の専門家ではない”ということを理解しておいた方がいいかもしれませんね。

薬剤師さんが判断できるのは頭皮にトラブルがある場合に、害となる成分が含まれていないかどうかということくらいで、肝心な「育毛効果」の方は専門外です。

ドラッグストア・薬局で女性用育毛剤を購入するデメリット

ドラッグストア・薬局で女性用育毛剤を購入する際のデメリットとしては

・他人の目が気になる
・定期購入・初回割引などの特典がない
・欲しい商品がないことがある
・店の方針で販売をやめることがある

などです。

こういったメリット・デメリットがあることを確認し、ドラッグストア・薬局で女性用育毛剤を購入しましょう。

スポンサーリンク

市販の女性育毛剤に使われている主な成分と特徴

育毛剤の成分を確認しよう

脱毛症や発毛の研究は日々世界的に行われています。

どこかの国で、新しい有効成分が発見されたり開発されると、医学的な検証が行われ、世界中の育毛剤に配合され一気に世界基準になります。

それは医薬品・自然原料のどちらにも共通していることですね。

ですから、育毛剤を購入ときには配合されている「成分」をしっかりと確認することで、世界的に認められたより効果の高いものを選ぶことができます。

以下が、現在「効果がある」と認められている女性用育毛成分です。

効果のある育毛成分

〇のプラカードを持つ女性

ミノキシジル

もともと高血圧治療などに使われてきた医薬品で、血管拡張作用があります。使った人が次々と毛が生えてきたので発毛剤として販売されることになりました。

センブリ

頭皮の血行を促進し、毛母細胞を活性化する働きがあります。

オウゴン

女性男性型脱毛症(FGAG)の原因となる男性ホルモンの変異をコントロールし、ヘアサイクルを整える効果があります。

エビネ蘭エキス

医薬品ミノキシジルに匹敵するほどの血行促進作用があります。

ミツイシコンブ(M-034)

血行促進効果と髪の土台となる「外毛根鞘」を増やし、発毛機能を高める作用があります。

グリチルリチン酸ジカリウム

炎症を抑え頭皮環境を健全に保ちます。育毛剤のサポート成分としてもっとも使用される成分です。

ジフェンヒドラミン

頭皮のアレルギーによるトラブルに改善効果があります。

酢酸トコフェロール

ビタミンEの1種で、頭皮と毛根の老化を防ぐ働きがあります。

エチニルエストラジオール

女性ホルモン剤の一種で、エストロゲン低下による脱毛症改善に効果があります。

市販の女性育毛剤の選び方

6個の卵に顔が書いてある画像

育毛剤選びには、いくつかのポイントをおさえておきましょう。

以下の注意点を参考にしてください。

信頼できる育毛成分が含まれているか

白衣を着た男性の画像

市販の女性用育毛剤を見てみると、商品の名称や宣伝文には「育毛」「髪が生える」「薄毛に最適」という印象を与えるものがありますが、「成分表示」を確認すると一般の化粧水レベルと変わらないようなものもあります。

宣伝文に惑わされずに効果のある育毛剤を探し当てるには、”信頼できる育毛成分”がちゃんと配合されているかを確認することが大切です。

毛根の拡大画像

昔から注意喚起されているものに、たんに清涼感が得られるメントール成分が配合された「育毛トニック」などがあります。

頭皮が洗われた感じがして、いかにも「効いている!」と感じるのですが、効果が実証された育毛成分が配合されていないため、薄毛が改善されることはもちろんありません。

前項で解説したような、「女性の薄毛に効果のある育毛成分」が配合されているか確かめましょう。

刺激の強い成分が入っていないか

青々とした葉っぱの画像

育毛を考えるときは「頭皮に刺激を与えない」ということが基本になります。

ですから、多くの効果のある育毛剤は「植物系」の原料などで構成されることが多いようです。

市販の育毛剤を選ぶとき、以下のような成分ができるだけ配合されていないものを購入しましょう。

アルコール
エタノール
メタノール
プロパノール
パラベン
パラオキシ安息香酸エステル
プロピルパラベン
メトキシケイヒ酸オクチル
パラフィン
タール色素
シリコン
酸化防止剤
カラメル色素
コチニール色素

これらは刺激性が強い成分で、低品質な育毛剤ほどたくさん配合されている傾向にあります。

完全無添加が理想ですが、そうでない商品でも、できるだけこれらの成分が少ないものを選ぶことが大切です。

メーカーが開発した特殊な成分には、化学名のような表記がされているため混同されやすいのですが、そういったものはたいてい、安全性の高いものです。

続けやすい価格か

財布を持つ笑顔の女性のイラスト

どれだけ効果が高い育毛剤でも、現実的に継続できなければ意味がありません。

「育毛」にはかなりの時間を要することを覚悟する必要があります。

ですから、半年、1年と続けて使い続けられる価格かどうかを判断することが大切です。

手で✖を作る女性の画像

ネット通販で販売されている育毛剤には「定期購入」などが用意されていることが多く、これは「育毛にはそれなりの時間が必要である」ことを視野にいれたサービスです。

ユーザーがより続けやすいような工夫がされているんですね。

ドラッグストアや薬局では、こういったサービスが存在しないことが一つのデメリットでもあります。

顔を触る女性の画像

女性用育毛剤の市場はにぎわいを見せ、ドラッグストア・薬局でも目にすることが多くなりました。

しかし、たまたま入ったドラッグストアの陳列棚で育毛剤を見つけ、ポップ広告だけを頼りに安易に購入するのは危険かもしれませんね。

まずはしっかりと女性の薄毛の知識をつけ、良い育毛剤かどうかを見極める視点を持つことが重要です。

ヘアマニアでは、より自分の薄毛症状に合う育毛剤を見つけられるよう、育毛成分の解説や薄毛の知識などを広く公開していますので、参考にしてもらえればうれしいです。

➥ドラッグストアで買える女性用育毛剤5選!はこちららです

〈まとめ〉

  • 女性用育毛剤をドラッグストアで購入するのにはメリット、デメリットがある
  • 育毛剤選びのポイントは「信頼できる成分」が配合されているかが大切
  • 育毛剤選びのポイントは「刺激性成分」が配合されていないかが大切
  • 効果のある育毛成分を知っておきましょう!
  • 育毛を成功させるには「続けやすい価格かどうか」も検討する
スポンサーリンク




きしろ
あなたが使っているシャンプー&コンディショナーがベストか一緒に考えませんか?

京都のファミリーサロンセブンオーナー理容師として24年間お客様の髪に関わってきました。

特に30代後半~40代前半の女性は、産後の方含め特に髪をいたわる必要がありますが、意識してされていますか?

使っているシャンプーやコンディショナーが髪質にあっていないと「抜け毛・ボリュームダウン・ツヤ落ち」を起こしやすいですよ。
髪型やヘアケアには人一倍取り組んできたつもりです。

きっとあなたの髪質改善のサポートができると思いますので、LINE@でお友達になりませんか?

LINE@でお友達申請いただけた方は、髪質・肌質も考えながら「あなたが使うべき適切なシャンプー」をマンツーマンでお答えします。

髪を大事にしたい方限定


LINE@で直接僕に質問してみる

今すぐ友だちになる

※ 今使ってるシャンプーも診断中!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
きしろこうぞう

きしろこうぞう

京都の伏見区でファミリーサロンセブンを営んでいるきしろです。自身も悩むAGAをお医者さんに取材しつつ、育毛シャンプー・育毛剤について調べてブログにしています。

-育毛剤

Copyright© ヘアマニア , 2019 All Rights Reserved.